外貨両替レート手数料を比較!お得なユーロ両替は?

シェアする

お得なユーロ両替方法は

これからヨーロッパへ出かける方、ユーロ両替はどうされますか?無駄な両替手数料は極力カットしたいですよね。

イタリアやフランスなど、ヨーロッパへの旅行の際は、旅の予算も結構な金額になることも多いかと思います。旅先では、現金とクレジットカードを併用すると思いますが、安心できる大型店以外では、クレジットカードを使うのもセキュリティの面でなんだか心配ですよね。と考えると、現地で必要となる現金もそれなりに準備する必要があります。

その際、ユーロへ両替する際の手数料をチェックしておく必要があります。不利な両替レートで両替すればするほど、現地で使えるお金が目減りしていきます。

ここでは、わたしがイタリア旅行に行く前に、ユーロ両替について調べてみたことをシェアしたいと思います。ユーロ両替を考えている方に参考になればと思います。

銀行、郵便局、空港での外貨両替は割高

わたしも外貨両替についてちゃんと調べる前は、地元の銀行や郵便局で両替していました。しかし、銀行や郵便局で両替する際、既に手数料分が加味された両替レートになっていて、実は割高でした。

銀行、郵便局、空港でのレート・両替手数料

みずほ銀行の外貨両替レート

上記は、みずほ銀行の外貨両替相場になります。ここでユーロ現金の両替を見てみます。

日本円から外貨へ 外貨から日本円へ 仲値 両替手数料
144.51 円 132.51 円 138.51 円 6円/ユーロ

実は、銀行でユーロ両替すると、1ユーロあたり6円の両替手数料を掛かります。ご存知でしたか?

例えば、2,000ユーロ分両替する場合の両替手数料は、12,000円にもなります。結構な金額ですよね。また、他の銀行や郵便局、空港で両替する場合も、ほぼ同じような両替レートが提示されています。

あと、大黒屋などの金券ショップで両替するとレートは少しいいですが、それでも、1ユーロあたり約4円の両替手数料がかかります。

両替方法 2,000ユーロを両替する際の両替手数料
銀行・郵便局・外貨両替ショップでの両替 約12,000円
金券ショップでの両替 約8,000円

どうしても、店舗での現金両替の場合、結構な額の両替手数料を取られることになってしまいます。

無駄な両替手数料をカットできる方法は?

FX会社の外貨両替機能を利用するとFXの有利なレートで、日本円からユーロなどが外貨に両替することができます。

なかでも便利なのはマネーパートナーズです。マネーパートナーズは、FX会社で唯一、空港での外貨受け取りが可能(外貨受取手数料は500円)、他にも外貨出金、マネパカードへのチャージ(手数料無料)等、出金方法を選ぶことができます。

マネーパートナーズの外貨両替

マネーパートナーズの外貨両替

日本でユーロ両替しておきたい方は、「マネーパートナーズの外貨両替」を利用するといいでしょう。一般的なユーロ両替の際、基本、1ユーロあたり4円〜6円の両替手数料が掛かりますが、マネーパートナーズの外貨両替を利用すれば、両替手数料を1ユーロあたり20〜40銭(0.2〜0.4円)に抑えることができます。

また、マネーパートナーズでは、出発空港での外貨受け取りが可能です(外貨受取手数料は500円)。これなら、両替の際にわざわざで出向いたりする必要もないですね。

なお、このサービスを利用するには、口座開設しておく必要があります。口座開設/維持費/管理費は無料なので、旅行に出かける方は、外貨両替に使えるアカウントを事前に作成しておくといいでしょう。詳しくは、公式サイトをチェックしてください。

マネーパートナーズの外貨両替 公式サイトはこちら

マネパカードを使って海外ATMから直接外貨を引き出す

マネパカード

マネパカードで、海外ATMから直接、外貨(ユーロ)を引き出せば、両替の手間が省け、さらには無駄な両替手数料をカットすることができます。

マネパカードは、マルチカレンシー(多通貨対応)機能も備えたプリペイドカードになっていて、事前にお金をチャージしておくことで海外でのショッピングやATMから現地通貨の引き出しができます。

マネパカードでの外貨引き出しについて

日本の銀行や両替店で外貨に両替する場合、1ユーロ当たり4〜6円程度手数料が掛かってきます。一方、マネパカードでは、海外ATMから外貨を引き出すだけなので、外貨両替より断然有利な両替レート、手数料で外貨を調達することができます。

また、キャッシング(ローン)ではなく、金利などを取られることがないので、クレジットカードの海外キャッシングと比べても、大幅にお得に外貨を調達できます。

【参考】2,000ユーロ分両替する際に掛かる手数料

外貨調達方法 2,000ユーロ分両替する際に掛かる手数料
銀行・郵便局・外貨両替ショップでの両替 約12,000円
マネパカードを使ってATMから引き出す 約2,000円

※マネパカードの手数料は、両替の際の上乗せコスト、海外ATM手数料を加算して計算。

キャッシュ派より安全・便利

マネパカードを活用すれば、現地海外で高額の現金を持ち歩かずに済むので安全面的にも有効ですね。また、仮にカードを落としてもすぐ連絡すればその時点でのカード残高を保証されるのでさらに安心です。

なお、マネパカードは、年会費、発行手数料ともに無料。カードを保持する際に一切の費用が掛からないので、海外に出かける際、一枚持っておくと何かと便利でしょう。

マネパカード の公式サイトはこちら

海外に出かける準備はOKですか?
海外でもスマホやPCを使ってインターネットを楽しみたい方へ

海外に出かける際、外貨両替と同様、事前に準備しておきたいのが海外WiFiレンタルです。

携帯電話会社の国際ローミングでは1日あたり1,980円〜2,980円掛かるのが、海外WiFiレンタルを使うと大体半額以下。定額制なので海外でパケ死する心配もありません。

なかでも安いのが、海外WiFiレンタル GLOBAL WiFi。料金は1日300円、670円、970円などの完全定額制で業界最安値です。

これなら海外でも気軽にインターネットを楽しめますね。なお、海外WiFiレンタルは、在庫数、提供国数に限りがあるので、早めに予約しておきましょう。

海外WiFiレンタル GLOBAL WiFi の公式サイトはこちら

シェアする